ホーム > イベント | 城下町と城下町プロジェクト > 報告③

報告③

城下町オトナの遊びツアー「歴史と味めぐり」後編~

がんこ村にて休憩後は、千石町通りをさらに南に進み、「無病地蔵尊」を訪ねました。

富山にあるお地蔵さんは「延命地蔵」がほとんどで、「無病地蔵」は珍しいとのこと
千石町通りのパワースポットとして、注目されつつあるお地蔵さんに揃ってお参りしました。

次は、富山で初めてコロッケを販売した「もりかわ」さんへ。
揚げたてのコロッケやお惣菜を毎日販売するまちのお惣菜やさん。昔からずっと変わらない味を守っているそうです。
熱々のコロッケを頬張りながら、次の名所に向かってまちを散策。食べ歩きを満喫しました~!

次の目的地は千石町を少し外れた裁判所近くのとあるスポットへ・・・。

現在、裁判所がある場所には処刑場があったそうです。
そこは首切り場として知られ、罪人を罰するための場所でした。

ちょっと怖い気もしますが、私たちが今回訪れたのは、
処刑された罪人や行き倒れた人々の魂を鎮めるために安置された延命地蔵尊。
首切り場や処刑場があったという事実は、
こうやって歴史に触れながら歩んでみないとわからないことでしたが
ひとつひとつ地名や呼び名の云われを勉強していくと、昔の情景や富山の知らなかった歴史が
頭の中でつながっていき、おもしろいな~と感じました。

そして最後の目的地。
八島昆布店さんにお邪魔しました!
おぼろやとろろなどの昆布の試食や昆布の端の部分の袋詰め放題など、
うれしいサービスをして頂きました。

黒ととろや白とろろ、おぼろにもいくつか種類があり、同じ昆布でも口どけが全く違いその用途も様々でした。
また、昆布を使った佃煮やお茶菓子にも使える柚子風味の昆布菓子など、
皆さんおいし~といろんな昆布を味わっていただけました。

最後はお土産もついて皆さん大満足!!

まちスタ研の城下町ツアーではじっくりとお店の人とお話できたり、おいしいものを発見したり、
なかなかひとりでは、できない見れないことを楽しむことができます。

次回のツアーは11月12日「アートと味めぐり」ぎゃらりーの楽しむコツを習ったり、
小さなぎゃらりー屋さんを覗いてみたり・・・きっとお気に入りの作品が見つかる楽しい1日になります。
詳細はまた後日お話しますね!

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://neko-mimi.me/blog/wp/wp-trackback.php?p=797
トラックバックの送信元リスト
報告③ - ネコmimi通信 より

ホーム > イベント | 城下町と城下町プロジェクト > 報告③

メタ情報

ページの上部に戻る