ホーム > アート

アートのアーカイブ

城下町アートと味めぐりツアー

11月12日大手モール、千石町通りにて
城下町 アートと味めぐりツアー開催しましまた。

ギャラリーがいくつか軒を並べる千石町通りとまちなかでガラスアートの展示を楽しむことができる大手モールを当会スタッフで観光ボランティアの修行中の榊原の案内で一緒に散策しました。

今回はアートと味めぐりツアークイズもあり、クイズの回答を見つけながらのにぎやかな散策になりました。
クイズのヒントはツアーで訪れる各所にあるので、それぞれのお店のオーナーの方のお話や展示品などにありますので、よ~く見て聞き逃しのないようにね!

千石町通りからスタートし、最初に訪れたのは

「アートスペースカワモト」

aki 秋の布・衣 真木テキスタイルスタジオの展示会にお邪魔しました。

あかね、すおう、紅花、ふくぎ、ざくろ、メへンディー、生葉藍・・・
植物の優しい色合いと肌や衣服になじむ布を展示中のこちらでは

真木テキスタイルの素敵なストールを羽織ったギャラリーオーナーの河本直子さんに展示物の紹介から作品選びのこだわりをお茶とお菓子を頂きながら、お話を伺いました。

今回のお菓子は市民プラザ1階のお店「ももほのか」さんの出来立て特製パイ!

薔薇の形に見立てたさくさくのパイ生地に包まれた滑らかなあんと栗!和と洋がミックスされたお菓子は熱々のうちにおいしく頂きました~

オーナーの河本さんからコーディネートの仕方や上品な着こなし方アドバイスを受けながら、ツアー参加者の皆さんも作品を見て、触れてこだわりの良さを体感されてましたね~

続いて、千石町通りの老舗パン屋「ラマンド」に立ち寄り、北海道のこだわり昆布とチーズを使ったオリジナルパンをお土産にしました。

次のギャラリー「青花堂」へ

こじんまりとした小スペースのギャラリー。
お店の奥に腰掛けながら休憩できるスペースもあります。

常設展示の染工房 妙 の松田妙子さんの作品と
花山伊都子さんの干支の作品を鑑賞しました。

富山の作家さんの作品を多く展示に取り入れているそうで

狭い空間をうまく利用し、センス良く棚に並んだ作品をオーナーさんと会話しながら楽しみました。

ついつい覗きたくなる大きなガラス窓からも作品全体を見ることはできますが、中に入ってオーナーのお話を聞きながら楽しむのがギャラリーです、

ということなので、ぜひ入ってみてくださいということでした!

もちろん買わなくても大丈夫!どんどんオーナーの方とお話してみてね!

そのまま、ツアー一行は
「エスパス八十八」の絵画展へ

米卸業を営んでいらっしゃるオーナー夫妻が、もともとお店だったスペースをギャラリーとして改装されたそう。

エスパス=空間(フランス語)、八十八=米 名前の由来もおもしろいですよね
米屋さんのギャラリー、空間のつくりもとてもステキで居心地満点です。

毎年気に入ってこの場所で展示会を開かれる絵画作家の辰巳彰氏の作品を鑑賞し、辰巳氏から直接作品の説明しをていただきました。

定年を前に退職された辰巳氏は、趣味だった絵画に今は本格的に取り組まれているそうです。

よく奥さんと一緒にスケッチ旅行をされているそうで、辰巳氏の温かくやさしいお人柄が絵からも伝わってきました

大手モールに移る前に
千石町通りのお肉屋さんボーンミートで名物やきとりをあつあつのままいただきます!ちょっと恥ずかしいけど、みんなで食べれば怖くない!?

さぁ、次は大手モール!
クイズの一つ、大手モールにガラスの展示物はいくつあるでしょ~?

皆で数を確かめ合って、普段は何気なく通る道が、何か新しい発見をしたように、

新鮮に見えてきます!

国際会議場のアートサロン 藤田喬平のガラス作品を楽しんだ後は

いよいよ、クイズの答え合わせ!

皆さん見事全問正解!

豪華景品?市民プラザ1階のチリングスタイルで見つけた

teaと絵柄懐紙のセットをプレゼント!

今回のツアーにご協力いただいたギャラリーでのお話や、当会スタッフ榊原の軽妙な説明は大変好評をいただき、とっても喜んでいただけました~

ありがとうございまいました(^^)

後日談ですが、
このツアー時はまだ、修行中だった榊原が
見事観光ボランティアの認定を受け、正式にガイドとなりました。

これからも当会や他のイベントでも大活躍すると思いますのでよろしく!

さて、次は来年3月に予定している城下町ライブストリートでお会いしましょう!

ホーム > アート

メタ情報

ページの上部に戻る